パーツの数や工程数が影響

男の人

ロレックスの腕時計は様々な年代のモデルや多種多様な機能を持ったモデルなど様々に存在しており、モデルによって使用しているパーツの種類や数が異なります。その為、オーバーホールや修理にかかる料金がモデル毎に異なってきます。

時計修理店をピックアップ

腕時計

安い料金でロレックスのオーバーホールを済ませたい場合は、サイトで公開されている修理店の情報が役立ちます。モデルごとに料金が比較も出来る場合もあり、工夫次第ではより安くオーバーホールが出来ます。低料金で質の高いサービスを行うお店を探すのが、良いアプローチです。

外部修理業者を有効活用

時計を身に着ける人

クオリティ面も安心

ロレックスを長く利用する上で欠かせないのがオーバーホールです。オーバーホールとは時計を完全に分解して、1つ1つのパーツを取り出し洗浄し、必要に応じてパーツの交換、注油、研磨などを行っていくものです。ロレックスの時計は数多くのパーツで構成されている上、複雑な作りをしているため、全ての時計修理店で行えるわけではありません。まして、高級時計に位置づけられる商品であるため、ある程度の技術力がある所で無ければ対応が出来ないのが実情です。仮にオーバーホールを正規店に依頼する場合、4万円から5万円程度かかるのが一般的です。メンテナンス不足や重大な欠陥がある場合などはプラスアルファで料金が掛かって来ます。このロレックスの時計のオーバーホール料金を少しでも安くする為のコツと言えるのが専門業者への依頼です。ロレックスの修理は数は限られているものの正規店以外にも対応可能な業者があります。正規店と比べてリーズナブルな料金設定で利用する事が出来る事からコストパフォーマンスを重視する方に広く選ばれています。正規店との違いは修理に使用するパーツが正規品とは異なる事があったり、オーバーホールを行うフローが異なるなどいくつかありますが、ロレックスの修理を行っている業者の場合、時計修理技能士1級資格を持つ人間が在籍しているなど修理技術や修理体制がしっかりとしている業者が多いので最低限のクオリティは担保されていると言えるでしょう。料金が安いからと言って決して劣悪な修理を行うわけでは無いので安心です。

貴重品のメンテナンス

ウォッチ

時計ブランドとして地位を確立しているロレックスの時計は貴重品となります。定期的にオーバーホールすることで、いつまでも使い続けることができます。オーバーホールのための料金を予算として考えておくなら、忘れることなくオーバーホールを行えるでしょう。